梅津絵里と松田昌美が、大日本印刷グループ DNPコミュニケーションデザイン主催「多様性理解勉強会」に登壇しました

2018年3月1日、車いすタレント・梅津絵里、ブラインドライター・松田昌美が、東京・市ヶ谷にある、大日本印刷グループ  DNPコミュニケーションデザインで行われた「多様性(たようせい)理解勉強会」に、登壇しました。

DNP大日本印刷は「世界有数の総合印刷会社」であり、2020年東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーでもあります。

ユニバーサルデザインの普及・啓発にも力を入れており、社内に「ユニバーサルデザインコーディネーター」資格取得者が約300名在籍。また多様性理解のための勉強会を定期開催しています。

今回は、「Co-Co Life☆女子部」編集部から本誌の媒体説明を行ったのち、「Co-Co Life☆女子部 タレント事業」のお披露目を行いました。

勉強会の後半では、「障がい当事者に聞く!ユニバーサルデザインの実情」として、梅津絵里(全身性エリテマトーデス・中枢神経ループスによる下肢障がい、車いす使用)と、松田昌美(視覚障がい、白杖利用)の2名が、障がい当事者から見たリアルな日常をお話させていただきました。

写真:梅津絵里(左)

写真:松田昌美

●ご受講者の感想:

「ポジティブでキラキラした松田さんと梅津さんがすごく素敵でした。障がいを持つ方、そうでない方も『お互いにやりたいことを楽しめる世の中になってほしい』『みんなが平等に使えるものを』という言葉が印象的。“お互い”という言葉にとても感銘を受けました」

「視覚障がいがある→聴力が発達している、というように、障がいがあるから弱者というわけではなく、健常者より優れていることがあるというのが驚きました」

「タレントさんたちがポジティブで、笑顔が素敵なことが印象に残りました」

「積極的に情報を発信しながら、障がいとともに前向きに暮らしている女性が活躍していることに驚きました」

「心のバリアフリーに挑戦しようと思いました」

「1人1人、やりたいこと、意思がしっかりしていて、キラキラしていることがとても印象的でした。本当に素敵です。」

「仕事でも(当事者タレントを)起用できるよう、頑張ります!!」

「実際に障がいのある方たちのお話を聞ける機会は貴重でした。ありがとうございました!」

「タレント2名のお話しがとても上手。そしてそれ以上に印象に残ったのが、写真より美しいこと!! 動いているお2人を見る機会が増えますように!!」

Co-Co Life☆女子部」タレント事業部では、企業研修、講演、セミナーイベントなどを積極的に受け付けております。全国お伺いいたします。お気軽にご相談ください。