小林春彦とのタレント契約解除についてご報告

2019年4月3日、弊団体の業務委託タレントである小林春彦より、業務委託契約を解除したい旨の申し入れがありました。
弊団体は本人の申し入れを受け、本日付で、小林春彦との所属タレント契約を解除いたしました。ここに謹んで発表いたします。

【解除に至る経緯】
小林春彦が今年に入り弊団体及び理事個人に対して、SNS等を通じて、事実と異なる誹謗中傷を繰り返すようになりました。
弊団体では、彼が高次脳機能障がい当事者であることと、その特性を深く理解し、その行動に配慮し、弁護士と共に最大限に熟慮して対応を進めて参りました。しかし、再三の注意喚起を行ったにも関わらず、誹謗中傷を続けたため、通常業務への差し障りも出てまいりました。そこで、本年3月19日付で、「業務委託契約の有効期間が満了する6月22日をもって、契約を満了するとともに、団体および理事に対する誹謗中傷を控えるよう」通知書を送付いたしました。

誹謗中傷は通知書送付後も続きましたが、4月3日になって、本人から契約解除の旨の連絡があり、弊団体としてこの申し入れを受け入れるに至りました。

本案件につきまして、関係の皆さま、ファンの皆さまに多大なご迷惑および心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。
なお、契約解除後も問題が続くようであれば、法的措置を含め厳しく対応して、関係の皆さまにご迷惑をおかけしないよう対応してまいります。

2019年4月4日
特定非営利活動法人施無畏
代表理事 遠藤久憲