岡本かおり|Kaori Okamoto

関西人やで〜! 
日本一のおもろさを追求する
手話タレント「かおりん」

Profile
1975年12月11日生まれ。聴覚障がい(ろう者)。手話で会話をする。大阪府大阪市出身。府立生野高等聾学校 普通科卒業。デフリンピックにバレーボール選手として4回出場し、優勝経験もある。2001年、25歳の時、聴覚に障がいのある人のための放送局「目で聴くテレビ」で手話キャスターとしてデビュー。以後、講演、映画出演、企業研修、手話パフフォーマンスユニット「HANDSIGN」手話監修など、デフタレントとして、多彩でアクティブな活動をしている。

●語学:
アメリカ手話*
簡単な英会話

*アメリカ手話(アメリカしゅわ、American Sign Language、英略:ASL)とは、アメリカ・カナダを中心に世界中で使われている英語に対応する手話。

●プロフィール詳細:
中学1年からバレーボールを始め、大阪市チーム(桃組・O.D.V.C)で国体の全国大会に出場。首位の常連となる。1997年、聴覚障がい者のオリンピック「デフリンピック」に、バレーボール選手として初出場。以降、12年間にわたり、4回連続出場を果たす。金銀銅メダルを獲得。現在もデフリンピックを広める活動をしている。
2001年、25歳の時、聴覚に障害のある人のための放送局「目で聴くテレビ」国際手話の生徒役になる。2002年に手話キャスター養成講座を経て、第3期手話キャスターとなる。2017年まで15年間にわたり同番組に出演。

2017年より、現在は株式会社サイレントボイスが提供する無言語コミュニケーション研修プログラム「DENSHIN」で研修講師を務める。
ほか講演、映画出演、楽曲の手話翻訳の監修など、多彩でアクティブな活動を続ける。SNSの総フォロワー数は1万4,000名と、各種の障がい者タレントの中ではトップを独走。

主な講演テーマは「デフリンピック」「プラスのエネルギー」「手話の世界」など。講演は手話が中心で、プロジェクターを補助として使用する。手話で真剣に語り、随所に笑いを取り入れる。全身で表現するスタイルが評価されている。

趣味は、星・スマイル・クラウン(王冠)柄の小物などを集めること。人間観察、映画鑑賞、カラオケ、ダンスなど。
夫は、デフリンピック2回出場のバスケットボール選手、小立哲也。

●こんな風に活動したい
聞こえる人も
聞こえない人も
同時に笑いが起こる人でありたい

こういうろう者がいるんだって
勇気を与える人になりたい

ろう者のイメージはドラマではマイナスなイメージが多いから

そして、
テレビ番組や大きなイベントで司会者ができるぐらいの人になりたい
いろんなパフォーマンスもしたいし
やれること、チャレンジしたい!
手話も字幕も当たり前の世界にしたい

Work
・1997年 デフリンピック デンマーク大会(コペンハーゲン)5位入賞。
 ポジションはレフト。
・2001年 デフリンピック イタリア大会(ローマ)優勝。
 ポジションはレフト。
・2005年 デフリンピック オーストラリア大会(メルボルン)準優勝。
 ポジションはセンター。
・2009年 デフリンピック 台湾大会に出場し、第3位。
 ポジションはオールラウンド。
・2001年〜2017年 聴覚に障害のある人のための放送局「目で聴くテレビ」(http://medekiku.jp/)にキャスターとして出演。
・20??年〜 手話を取り入れたパフォーマンスグループ
  「HANDSIGN(ハンドサイン)」手話の監修。
・2013年 書籍「ハンドサイン流 手話ダンス!  手話ダンス解説DVD付き:
 Let’s DANCE with Sign Language」著(学研教育出版)
・2018年8月「Co-Co Lifeタレント部」と業務提携

講演多数

手話ダンスユニット「HANDSIGN」との活動

取材イベントを多数開催

企業研修・講演で活躍中

岡本かおり YouTubeチャンネル