遠山涼音|Suzune Toyama

人形作品で、写真で
自分自身を表現する
本格派アーティスト

Profile
1991年8月22日生まれ。左足関節機能全廃・右足関節機能著しい障害(下肢障がい)と、統合失調症(精神障がい)がある。ロフストランドクラッチ(杖)を使用し、左足首に装具を着用している。大阪府大阪市出身、大阪市立工芸高等学校美術科卒。球体関節人形を創作する作家として個展などを開催する傍ら、モデルとしても活動中。身長164cm。靴のサイズ左26.5cm(装具着用)、右25.5cm。

●プロフィール詳細:
大阪市立工芸高等学校美術科在学中の17歳から、モデルとしての活動を開始。18歳から1年半はグラビアアイドルとして活動した経歴もある。20歳からはモデル業の傍ら、撮影スタジオに勤務し、写真の撮り方についても学んでいる。 

21歳の時、精神障がいの統合失調症を発症。ある日、大きく見えた幻覚により、勤務先のビルから落下してしまい、下半身を大きく損傷する大ケガを負う。長期間の入院、リハビリ、複数回の手術を経て、歩けるようにはなったが、身体に障がいが残った。

それを期に、独学で人形作りを開始。現在は「球体関節人形」の制作に没頭し、人形作家として個展やグループ展に積極的に参加している。人形作りの工程においては、粘土による原型作り、細やかな彩色、人形の髪の毛や衣服の制作、撮影のコーディネート、写真撮影までを一貫して自身で行っている。

並行して、撮影のモデル、タレントとしても活動。現在でも精神科に通院し、抗精神薬・睡眠薬を服用しながら創作に励んでいる。

●こんな風に活動したい:
10代の頃は周りの目を気にして「私なんかがあれをやりたい、これをやりたいと言うのは恥ずかしいことだ、駄目なことだ」と思い込んでいました。

ところが3年前、突然の事故に遭い、医師から「もう一生、起き上がることができないかもしれない」と言われたとき、色々なことへの挑戦から逃げてきたそれまでの自分の生き方を、ひどく後悔しました。
今まで当然のようにできていたことができなくなり、落ち込みもしましたが、その分「自分ができることは、どんどんチャレンジしていこう!」と前向きな気持ちになることができました。 

私が活動することで、軽度・重度、障がいの種類に関わらず、「障がいのある人も好きなことをやっていいんだ!」と思ってもらいたいです。そして、世間で障がい者が「触れてはいけないもの」のようになっている現実を変えて、健常者・障がい者が分け隔てなく、表舞台に出て行けるような社会にしたいです。

また、まだ知名度の低い「人形作家」の活動を、たくさんの人に知ってもらいたいです。

これからも、やりたいことには積極的に、全力で挑みます! そして、もっともっと、いろんな世界を見てみたいと思っています。

Work
【タレント・モデルとしての活動】
2010年〜 雑誌「Bejean」グラビア掲載
      雑誌「EX大衆」グラビア掲載
      テレビ朝日系列「『ぷっ』すま」出演
      テレ朝チャンネル「愛しのメロンパン」出演
      楽天ほか通販ファッションサイトのカタログモデルとして活動
      撮影会モデルとして現在も活動中

 【人形作家・文筆家として】
2011年 森博嗣 著「銀河不動産の超越」講談社文庫 に解説文を寄稿
2013年 公募展「MIDOW展」(大阪・アールリベ人形学院)
2014年 デザインフェスタ vol.39 出展(東京ビッグサイト)
    グループ展「Rose sent Hart」(京都市・ライト商會)
    グループ展「蒼い人形展2014」(京都市・ライト商會)
2015年 グループ展「玩具館 三隣亡 逢魔が時」(大阪市・Guignol)
    グループ展「SUNABAフェスティバル」(大阪市・SUNABAギャラリー)
2016年 グループ展「Pink jack 大博覧会」(大阪市・イロリムラ)
    グループ展「玩具館 三隣亡 邪神幻想」(東京都渋谷区・画廊 珈琲Zaroff)
    グループ展「NGP3th」(大阪市・ONE PLUS1 gallery)
2017年 個展「静寂に寄り添う少女」(大阪市・cafe Anamune)
    グループ展「蒼い人形展2014」(京都市・ライト商會)
    デザインフェスタ vol.46(東京ビックサイト)
    グループ展「NGP5th 地下牢展」(大阪市・ONE PLUS1 gallery)
    NHK Eテレ「バリバラ」によるファッションショー「バリコレ2017」
     にて、人形作品が使われる(京都市・平安神宮)
2018年 グループ展「夢見るギニョール展」(大阪市・Guignol)
    グループ展「美毒展 Vol.3」(大阪市・GALLERY流流)